No.3181 アトリエ

佐野繁次郎

濃淡のちがう藍染の切れはしと、赤布の組合せ。ざっくりと麻ヒモで縫いあわされたキャンバス地。佐野繁次郎が自ら題字、デザイン等の装丁も手がけた、銀座のミニコミ誌『銀座百点』(1966年)の表紙としても使われた作品。

Year
c1966年
Medium
パピエコレ (布/キャンバス/麻紐のコラージュ、鉛筆・紙)
Size
19.1 × 19.2 cm
Stock
share
facebook
twitter

CONTACT

作品や展覧会へのお問い合わせ